日本塗装技術協会第54回通常総会を平成29年6月9日(金)に東京大学 生産技術研究所(駒場リサーチキャンパス)にて開催致しました。


平成29年度役員へ    

第54回 通常総会 議事録


日 時  平成29年6月9日(金) 15:00〜15:40
場 所  東京大学 生産技術研究所 駒場リサーチキャンパス An棟 401・402室
議 事

1.開会の辞(定数確認含む)
 司会の高林総務委員長から、正会員349名中、総会出席者数22名、委任状参加者180名、計202名であり、定款第23条により第54回通常総会が成立する旨の報告がなされた。工藤会長の開会挨拶後、定款第22条により工藤会長を議長として議事を進行し、定款第26条により本総会議事録署名人として工藤会長、小石副会長、山ア副会長が選任された。

2.平成28年度事業報告(行事、会員異動等)
 総会資料に基づき高林総務委員長より説明があり承認された。

3.平成28年度決算報告(収支計算書、貸借対照表等)
 総会資料に基づき高林総務委員長より説明があり差益金処分案とともに承認された。

4.平成28年度会計監査報告
 古川監事より監査結果の報告があり、承認された。

5.平成29年度事業計画(協会運営、行事計画、事業計画等)
 総会資料に基づき高林総務委員長より説明があり承認された。

6.平成29年度予算案
 総会資料に基づき高林総務委員長より説明があり承認された。

7.日本塗装技術協会の法人化について
 総会資料に基づき工藤会長、菊田事務局長から説明があり、一般社団法人化を目指して活動を開始することが承認された。

8.協会賞表彰
 高林総務委員長より、協会賞の選考経過及び結果の報告があった。

(1)研究発表優秀賞は、平成29年3月3日に開催された第32回塗料・塗装研究発表会において、研究発表委員会で以下の発表に決定し、発表者を表彰した。
    「漆喰塗料の機能性について 〜抗ウイルスを中心に〜」
         関西ペイント(株)沼澤昭、赤須理紗子、高野亮
         長崎大学     安田二朗

(2)編集委員長賞は、編集委員長賞選考委員会で選考の結果、下記の方を推薦することとなり、理事会にて承認されたことが報告され、工藤会長より表彰状と楯が贈呈された。
    「二層分離形粉体塗料の開発」
         大日本塗料(株)   木口忠広

(3)技術賞は、総務委員会で選考の結果、以下の方を推薦することとなり、理事会にて承認されたことが報告され、工藤会長より表彰状と楯が贈呈された。
     「デュアル電界方式を適用した新型粉体静電ガンの塗装性能評価」
         旭サナック(株)  蜩c建三

9.平成29年度役員案
 平成29年度の役員案について高林総務委員長から説明があり、承認された。

10.閉会の辞
 小石副会長より、第54回通常総会が滞りなく終了したことへの謝辞と、当協会に対する変わらぬご協力をお願いする旨が述べられて、閉会した。

  平成29年6月9日
 議事録署名人  議長 工藤 一秋
    理事 小石 眞純
    理事 山ア 秀雄



平成29年度役員

会長工藤 一秋東京大学
副会長小石 眞純東京理科大学 名誉教授
副会長山ア 秀雄(有)山ア塗装工業
副会長小畑 裕作日本ペイントホールディングス株式会社
理事伊藤 春揮旭サナック株式会社
理事片山 譲二トヨタ自動車株式会社
理事佐藤 光史工学院大学
理事川島 徳道環太平洋大学
理事佐藤 光史工学院大学
理事設楽 正弘板橋理化工業株式会社
理事藤 正之トヨタ自動車東日本株式会社
理事武井 昇元ポリテクセンター群馬
理事田中 丈之株式会社 エ・ーアンド・デイ
理事田邉 弘往大日本塗料株式会社
理事高梨 裕幸日本パーカライジング株式会社
理事天谷 賢治東京工業大学
理事吉見 直人JFEスチール株式会社
理事森本 岳宏松尾産業株式会社
理事平野 晶彦アネスト岩田株式会社
理事朝倉 浩一慶應義塾大学
理事奴間 伸茂塗料塗装技術研究所
理事窪井 要有限会社久保井塗装工業所
理事池松 陽一新日鐵住金株式会社
理事後藤 丈志日産自動車株式会社
理事村松 利光関西ペイント株式会社
理事松原 出株式会社大気社
理事原 秀明トリニティ工業株式会社
理事森 聡一BASFジャパン株式会社
監事小泉 宗栄株式会社オリオネット・テクノロジー
監事古川 博康新日鐵住金株式会社


Copyright(C); 2006, Japan Coating Technology Association. All Rights Reserved.